助成事業

<2017年度後援助成制度概要>
2017年4月1日〜2018年3月31日の事業・催事についての助成申請

後援助成制度は、本同窓会規約に則り、会員相互の親睦、会員の研究・研鑽、会員の社会活動貢献、尚美ミュージックカレッジ専門学校(以下、学校という)の発展に寄与することを目的とする活動に対し、後援助成をおこなう制度です。 会員が参加する事業・催事で、事前に申請承認された事業・催事について申請承認日より開催日までの間、後援助成をおこないます。 後援助成制度には、下記概要に示したとおり①後援名義の使用許可、②助成金の給付、③助成物品の給付の3種類、6区分があります。 申請にあたっては、後援助成種類・区分によりそれぞれに条件や申請書・報告書式が異なります。それぞれの項目をご覧いただき、くれぐれも締切日を厳守してください。

区分

後援助成の内容 申請の要件
後援名義 後援名義使用許可 会員主催、または会員を含む団体等の公演、研究会、それに準ずる事業・催事及び学校・学科主催の事業・催事
A 助成金3万円以内の給付 10名に満たない終身会員による小グループ規模主催、または終身会員を含む団体等の公演、研究会、それに準ずる事業・催事
B 助成金2万円以内の寄付 10名以上の終身会員による特に親睦を目的とした事業・催事

C
特別

助成金5万円以内の給付

10名以上の終身会員の参加人員規模で特別な効果が認められる事業・催事、学校・学科主催の事業・催事

D
サークル活動
助成金5万円~20万円以内の給付 15名以上の終身会員によるサークル活動申請が認められた場合に適用されます
E
物品助成
盛花(2万円)の支給 終身会員主催の公演、研究会、それに準ずる事業・催事
2017年度後援助成制度申請書・報告書

2017年4月1日〜2018年3月31日の事業・催事についての助成申請です。
報告書はこちらからダウンロードされるか、事務局宛お問合せください。

後援助成制度 要項PDFExcel
後援助成制度 申請書・報告書 一式Excel
後援助成制度 申請書(名義・A・B・C助成)PDF
後援助成制度 申請書(E助成)PDF
後援助成制度 報告書(A・B・C報告)PDF
後援助成制度 報告書(名義・E報告)PDF
後援助成制度サークル活動計画書・報告書式一式PDFExcel

<2016年度後援助成制度概要>
2016年4月1日〜2017年3月31日の事業・催事についての助成申請

後援助成制度は、本同窓会規約に則り、会員相互の親睦、会員の研究・研鑽、会員の社会活動貢献、尚美ミュージックカレッジ専門学校(以下、学校という)の発展に寄与することを目的とする活動に対し、後援助成をおこなう制度です。 会員が参加する事業・催事で、事前に申請承認された事業・催事について申請承認日より開催日までの間、後援助成をおこないます。 後援助成制度には、下記概要に示したとおり①後援名義の使用許可、②助成金の給付、③助成物品の給付の3種類、6区分があります。 申請にあたっては、後援助成種類・区分によりそれぞれに条件や申請書・報告書式が異なります。それぞれの項目をご覧いただき、くれぐれも締切日を厳守してください。

区分

後援助成の内容 申請の要件
後援名義 後援名義使用許可 会員主催、または会員を含む団体等の公演、研究会、それに準ずる事業・催事及び学校・学科主催の事業・催事
A 助成金3万円以内の給付 10名に満たない終身会員による小グループ規模主催、または終身会員を含む団体等の公演、研究会、それに準ずる事業・催事
B 助成金2万円以内の寄付 10名以上の終身会員による特に親睦を目的とした事業・催事

C
特別

助成金5万円以内の給付

10名以上の終身会員の参加人員規模で特別な効果が認められる事業・催事、学校・学科主催の事業・催事

D
サークル活動
助成金5万円~20万円以内の給付 15名以上の終身会員によるサークル活動申請が認められた場合に適用されます
E
物品助成
盛花(2万円)の支給 終身会員主催の公演、研究会、それに準ずる事業・催事
2016年度後援助成制度申請書・報告書

2016年4月1日〜2017年3月31日の事業・催事についての助成申請です。
報告書はこちらからダウンロードされるか、事務局宛お問合せください。

後援助成制度要綱PDFExcel
後援助成制度申請書・報告書式一式PDFExcel
後援助成制度サークル活動計画書・報告書式一式PDFExcel
ページの先頭へ